受験で得られるものって何だろう&受験への意気込み

こんにちは。エイトステップス塾長の中村希です。

小学生は受験が終わり、中学生・高校生は終わった人もまだの人も。

うちでも、第1志望に合格した人、第2志望に行くことが決まった人、今まさに猛烈に追い上げている人がいます。

受験とは本当に厳しいもので、どんなに頑張っても臨んだ結果が得られるかどうかはわからない。

「この人なら大丈夫だろう!」「これだけできていれば大丈夫だろう」そう思っていても結果は、つまるところわからない。

じゃあ、落ちたら意味がないのか?

そんなことは決してないと思います。

じゃあ何に意味があるの?

 

それは、

「自分と向き合い、自分を変えていったこと、挑戦しつづけたこと」

に意味があると私は思います。

現時点では超えられない壁に対して、

「どうしたら超えられるのか?」「気が進まない・・・でも、やる!」

怠けたい自分を制して、行動し続ける。

それをし続けることに意味があると思います。

だから、正直、受験は受かったって、落ちたって、意味はあるんです。得られるものはあるんです。全力で頑張れたなら。

そこで得られるのは「頑張れた、ピカピカな自分」です。それは、通っている学校とか、大学とか、会社とか、地位とか、肩書きなんかよりももっと大事なものだと、私は思います。だって、そんな自分だったらどんな状況にいても前向きに頑張れるから。そして、その前向きパワーで人を幸せにしていけるから。

なんて、ここまで勢いで書いてきて、書きたいことと違う方向にいってますが・・・・・

 

でもでもでもでも!!!!だから落ちていいんだ、とは1mmも考えていなくて!(↑上の話は結果をどう捉えるかの話。)

受験するからにはもちろん!!目標必達です!!!!

絶対に絶対に絶対に絶対に絶対に受かる。そのためには何をすればいい?

各科目であと何点必要?何をすればその点数とれる?

最後の最後の1秒まで、全力を尽くした!!!!と言い切ってもらえるよう、志望校合格に突き進んでいきます!

関連記事

  1. 【塾長のつぶやき】夏を越えて息をつく間もなく冬にならんとす

  2. それってお母さんしかできないことですよ・・・・・!!!

  3. 「子どもとの関わり方セミナー」をyoutubeにupしました…

  4. はじめまして!なんで「エイトステップス」なの??

  5. 初の著書「東大卒のお母さんが教える! お絵かき算数」が発売に…

  6. 教育立国推進協議会に参加させていただいています

PAGE TOP